スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動け!薩摩剣士隼人 ~ソフビ改造にチャレンジ~

ソフビ改造……それは「ソフビもカッコいいけどもっといろんなポーズで飾りたい!」という欲望に駆られた、少年の心を忘れぬ男たち(主に)が進む道……

立ちポーズ
「おまんさぁも、こん記事を読んでチャレンジすっとよかが!」

さて、予告からしばらく空いてしまいましたが、どうにか完成しました「ソフビ改造・動く隼人」!! 隼人プロジェクトの「無ければ作ろう」の精神で、けどーいんがソフビの隼人をフルアクション改造に挑戦しました。

※注意!
 下記の改造を行った場合、商品は元の状態には戻りません。
 また、カッターやシンナーといった工具、薬品はお子様だけでは扱わず、必ず大人の方の管理・責任の下でご利用ください。
 ここにかいてあることのいみがわからないおともだちは、かならずおとうさんやおかあさんといっしょに、このブログをよんでね!


 改造の方針は

 ・可能な限り面倒なことはしない
 ・可能な限りソフビの造形を活かす
 ・可能な限り色を塗らない
 ・求める可動域は「名乗りのポーズ」が出来る程度


 ……という感じ。故に、パテ造形やリペイントはやっていません。模型製作における最大の敵は「飽きて途中で挫折すること」ですから(私論)、なるべく手っ取り早く改造できる方法をとっています。無論、チャレンジング・イッダマシイのたぎる限りハイクオリティなアクションフィギュアに挑むこともまた素晴らしいことですので、この記事を読んで「俺もやってやるぜ!」という方はぜひ完成品を公式ページの掲示板にUPしてくださいね。(既に完成されている方もいらっしゃるようで、そちらもしっかり参考にさせていただきました)

素体比較
使用した素体はこちら。今回は市販のフィギュアを利用しました。ポイントはなるべく人体に近い造形のフィギュアを選ぶこと。素材の色が黒かったのでシンナーで塗料を落としてあります。結構手間でしたので、缶スプレーで黒く塗っても良かったかもしれません。スネ、胸部はソフビのパーツと干渉するためカッターで削りこんであります。

パーツ一覧
使ったソフビのパーツは上の画像のとおり。原型を製作されたゆふき氏の造形を活かすべく、ほぼ全身使用しています。腹部は可動域の関係で素体側を活かし、前腕部は素体の太さを勘案して甲のパーツだけを移植しました。各部素体と干渉する内側を削り込んであります(特にスネと胴)。この作業に一番時間がかかりますので、根気強く作業しましょう。全身の赤いベルトのパーツはビニールテープを細く切って二つ折りにし、瞬間接着剤で止めて製作しています。

立ち前
幾度となく調整を繰り返し、素体にソフビを着せた状態がこちら。……すみません、これで完成です。今回の改造は「とにかくソフビの内側をカッターやデザインナイフで削る」という地味な作業が大半でしたので、途中経過の写真はあまり意味がありませんでした…… 各関節の可動化により、立ちポーズにも表情付けが可能に。隼人のフトモモ部は実際の鎧武者のように弛みがあるので、そこをすっぱりソフビから移植してしまう(もしくは諦める)ことが早期完成への道です。

立ち後ろ
背面。ヒザ裏ふくらはぎ側は、ゆふき氏が紐穴を数えて造形してくださったのに大変惜しかったのですが、関節との干渉部分をカットしてあります。

立ち逆振り
ヒジが曲がるようになったため、腰に十字丸を携えるポーズもご覧のとおり。手首はソフビの手首を十字丸の持ち手として使用。手甲部分を切り離すべきか悩みましたが、小さいパーツだったので素体に使用したフィギュアの握り手(グー)・平手(パー)にそれらしく切ったペット樹脂の板(フィギュアの梱包材のアレ)を金色に塗って貼り、ポーズにあわせて付け替えられるようにしてあります。

バストアップ
胸部は素体に対して薄かったため、前後をつなぐ赤いパーツの中央でカット。両面薄く削りこんで接着し、届かなくなった赤いパーツの上からビニールテープをそれらしく貼ってあります。おかげで肩を上げて肩鎧が干渉しても動きを制限しなくなりました。強度と見栄えはイマイチですが、お手軽さとアクション性を求めるならオススメ。前腕は上で紹介したように甲のパーツを移植……したのですが、今度は細すぎるという問題が発生。悩んだ結果、結局ここも黒いビニールテープを何枚か重ねて貼り付けることでごまかしています。ここはもうちょっと上手くやる方法がありそう。

マフラー
模型における布の表現はいくつかありますが、今回は手軽さを重視して紙で再現することに。質感はティッシュがピカイチで、飾っておくだけならそれが一番だったのですが、遊んでいるうちに破れてしまったためやむなくボツに。最終的にはコピー紙を適当な長さに切ってクシャクシャにしたものを使用しました。マフラーの交換はお手軽かつ効果的な改造ですので、ソフビをお持ちの方はまずそこからチャレンジしてみてもよいでしょう。

名乗り
目標だった名乗りのポーズもご覧のとおり! そのまま股関節を大きく開くと腰鎧が素体と干渉しますが、ソフビを「着せている」ことを活かし、尻側に鎧をまわす事で干渉を回避しています。

蜻蛉の構え
破影之太刀のポーズも再現可能に。ソフビの各部造形がよいこともあり、力の入ったポーズを取るとビシッと決まるフィギュアになりました!


……いかがでしょうか。「こんなの難しくて出来ない!」という方は、まずはマフラーを変えるところから始めるなど、自分に出来そうな部分からやってみるとよいでしょう。模型製作全般に言えることですが、あなたの作品に「こうしなきゃいけない!」なんてことはないんですから、自由に模型製作を楽しんでいただきたいと思います。「重塗装版に挑戦だ!」「ディテールにもっとメリハリを!」「合成写真で最高の一枚に!」なんて楽しみ方もアリですよね。

ご質問などあれば可能な限りお答えしますよ! 以上、「いつかヤッセンボーの可動化もやりてーなぁ……でも袖とか腰周りとかなぁ……」という妄想が止まらないけどーいんがお届けしましたっ!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>かげ さん
いえいえ、こちらこそありがとうございます!
どうしようか悩んでいる間にUPされていらっしゃったので感服しておりました。

フトモモを何とかするべく自作素体も検討したのですが、手首の交換も
考えて結局市販品流用になりました。
大人の事情もございますので敢えて何を使ったとは書きませんが、
リサイクルショップで半値で買って喜んでいたら、ディスカウントストアで
さらにその半値で売っていてショックだったとだけ申し上げておきます。

>>kaya さん
ありがとうございます!
本当に仕事にならないので、今は箱に入れてしまっています……

ヤッセンボーのソフビの発売は未定ですが、その暁にはぜひとも
切り結ぶ二人を机の上で再現したいですね。

素敵すぎ

かっこいい!
これを会社の机の上に置いちゃったら、一日中眺めて
仕事にならなくなりそう・・・。

ヤッセンボーの可動化、楽しみにしています!!
私もやってみたい・・・。いや、やってしまいそう・・・。(*´∀`*)
同じく妄想爆走中です。

すばらしい!

掲示板の方に完成品を貼らせていただいた者です。
見てくださったようでありがとうございます^^

それにしても素晴らしい出来ですね!
自分はあまりガシガシと動かせない素体を使ってしまったため、
素体選びから大変参考になりました。

特に今回最も悩んだ腰アーマーと太腿部の処理は、
その手があったか!と目からウロコです。
(私のはアーマーを生かすことを優先した結果、
太腿部の見栄えが悪くなってしまったので…)

また色々と研究して、2体目にも挑戦したいと思います!

>>隼人のお嫁さん さん
旦那様の勇士、堪能していただけましたでしょうか?
隼人の立体アイテムはストラップなど合わせると意外にたくさんあります。
それぞれにいろんなたのしみかたがありますので、
お手元の隼人グッズを存分に満喫してくださいね!

すごい!かっこいい!
生きてるみたいですね(≧∀≦)
プロフィール

薩摩剣士隼人

Author:薩摩剣士隼人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。